心と体の健康

食品添加物って良い?悪い?前半 

食品添加物って体に悪い?使われている理由は?(前編)


食品添加物というと
「体に良いか悪いか?」と聞かれれば

ほとんどの方が
「体に悪い」

と答えると思います。

 

でも、どうして?

その背景には
食品添加物が天然のものだけでなく

化学物質も含まれていることが
悪い印象を与えているんですね。

 

化学物質というと、
ちょと嫌な響きがしませんか?

やっぱり怖いですよね。

 

現在の日本では、
「食の安全」についての基準が
厳しく定められています。

特に、食品添加物については、
使っていいものと量が
食品衛生法という法律で定められていて

体にとって安全で、
かつ、食品添加物を使うことで

食の安全を保てるものなら
使われていいとされているんです。

 

ちなみに、

「食品添加物は人体にとって有害だ!」
「日本は他の国よりも基準が甘い!」

という意見もあります。

 


タカコも不必要に食品添加物を
取りたいとは思っていません。


でも、そもそも危険な物であれば

なぜ食品添加物を使うのでしょうか。

国は基準を定めて許可するのでしょうか。

よく食品添加物を一方的に
非難している本も売っていますが。。。。。

非難は簡単ですからね

これ、「悪」って一方的に言うのは簡単。

 

私たちはまずは
なぜ製造で
食品添加物を使っているのか

その理由を
知るべきなのです

食品添加物を使う理由 その1

食品添加物

〇大量生産のため、品質保持のため

添加物を使わないと
大量生産が難しいものがあります

 

例でハムを挙げますね。

添加物ハム

ハムを作るときに食品添加物を使う理由

・水分と脂分をうまく混ぜるために
・結着しやすいように

・酸化したりしないように
・変色しないように
・菌が繁殖しないように
・長時間でも安全に食べられるように

・おいしそうに見せるため
・安く作るために
・機械などにトラブルが少なくなるように

大きく分けると

大量に安く効率よく作りやすくするため

品質をキープするため

 

食品添加物を使用する理由 その2


手づりソーセージ〇食品のロスを減らしやすく作るため

肉の部位は
スーパーでみかける
ももや肩、などの肉以外に

脂が多かったり、筋が多かったり
見た目がよくなかったり
内臓のまわりについていたり
スライスできない
肉として販売できないけれど

加工すれば食べられるものも
あります

生き物をいただくから
すべての部位を余すところなく食べる、

という観点では
100%悪いわけではない

ただ
固かったり匂いがあったり
見た目が悪かったりするので

添加物を入れて欠点を補います


消費者にとっても
安い商品が手に入るメリットとなります。

食品添加物を使う理由 その3

 

食中毒

〇菌の繁殖を防ぐため

食肉加工で保存のため
真空状態にしようとすると
ボツリヌス菌が繁殖しやすくなります

 

このボツリヌス菌というのは
どこにでもいる菌ですが

自然界で最強の毒素といわれています

0.5キロで世界の人間の致死量になるほどの毒性です

 

お腹壊すレベルではなく
意識もうろう→死です。

致死率も高いです。

 

普段ボツリヌス菌の食中毒が

話題にならないのは

 

ボツリヌス菌は空気に弱いのです

 

真空パックや缶詰などにしたものに

菌が入ると増殖します。

特に自家製のものは不完全な加熱では危険です。

 

ボツリヌス菌の不活性化には100℃で60分加熱

芽胞の不活性化は120℃で4分加熱が必要です

 

発がん性があるから、と

海外で使用禁止となっている

亜硝酸ナトリウムは

ボツリヌス菌の増殖と発色剤の役割を果たします

 

亜硝酸ナトリウムの発がん性が

強く言われているので


亜硝酸ナトリウムを使わない

無塩せきハムが売られています。

 

色が悪いから発色剤使っていない、

体にいい!のかと思いきや。。。

↑他の添加物がたくさん含まれているものもありますから

注意が必要です。

食品添加物って良い?悪い? 前半まとめ

今回はハムやソーセージを例に挙げましたが

添加物の使用は

〇安く大量生産するため

〇見栄えをよくするため

〇品質保持のため

〇食品のロスを減らしやすく作るため

〇菌の繁殖を防ぐため


添加物を「カラダに悪い」「怖い」ではなく

なぜ使われているのかをまず知る

 

繰り返し書きますが今回の記事は

添加物を擁護しているわけではありません!

タカコは毎日の買い物でも食事でも

できる限り食品添加物が入っていないものを購入しています!

自然のものを食べたいしね

 

続きは

食品添加物は良い?悪い?後半
記事を読んでくださいね↓

食品添加物は良い?悪い?後半
 

 

本当におすすめしたい!イタリア産オーガニックオリーブオイル  

あなたは本当においしいオーガニックオリーブオイルを食べたことがありますか

おいしいものが大好きなあなたにぜひ食べてほしい!

ココロもカラダもよろこぶ
最高品質のオーガニックのエクストラヴァージンオリーブオイル!

私がイタリアに行って感動したのは
本当においしいオリーブオイル!

果実の香りと味がフルーティーだったり
青い香りがしたり、個性があり

油というよりも調味料!!

 

本当においしいオリーブオイルと塩があれば
サラダもバケットも肉も魚も
おいしく食べられます。

この味に感動して

株式会社TabeTabiは
南イタリアの9代続くオリーブ農家で
こだわりのオーガニックオリーブオイルを生産する
yurieさんから(写真)
オーガニックのエクストラヴァージンオイルを直接仕入れています。

 

写真はyurieさんのお宅に訪問した時のものです

国内外のコンテストで金賞など味も品質も最高のオリーブオイル

https://www.masseriatorregrande.com/ja/oliveoil/このオリーブオイルは
国内外のオリーブオイルコンテストでも
金賞受賞など
味、品質ともに世界で認められたものです。

オリーブオイルはどんな料理にも合う!

オリーブオイルは洋食だけでなく
味噌汁や豆腐、納豆などにも合います。

オリーブオイルは健康に良いことが証明されている

世界中から健康によいといわれている
地中海式健康法にかかせないオリーブオイル

生活習慣病予防や抗酸化作用
便秘解消、肌荒れ防止など
効果がたくさん報告されています

しかもご紹介のオリーブオイルは
コラティナ種といって
抗酸化作用の高いポリフェノールの含有量が
特に高い品種なのです

おいしくカラダによいオーガニックオリーブオイルを食べてみませんか

おいしいだけでなく健康にもよい
最高品質のオーガニックのエクストラヴァージンオイル

ぜひ本物の確かな味を体験し
毎日の食卓を楽しく幸せにしてください

おいしいオリーブオイルはここだよ!

お客様の声

 

「今まで食べていたのとは全く違う!」(40代女性)
「辛味と香りがいいですね!」(30代男性)
「火を通しても香りがしっかりしている」(30代男性)
「こっそり自分のご褒美に食べてます」(50代女性)
「大切な人にプレゼントさせていただきます」(40代男性)

などなどたくさんのお声をいただき
リピーターもたくさんおられます

早摘みオリーブオイルORIGIN早摘みオリーブオイルORIGIN 青い果実の時期に搾った期間限定の早摘みオリーブオイルは、手間もオリーブの量もたくさん必要となるので希少です。

 

Le Petrulle250mlと500mlがあります。
どちらも青く爽やかな香りが印象的。

今度は最後までよんでくださった
グルメなあなたに召し上がっていただきたいです!

感動のおいしさはこちらから

メルマガ登録しませんか?

食べること 大好き! 楽しく健康になりたい人!
健康で楽しく好きなことして
熱量高く生きて自分も周りもハッピーにしたい!人いませんか?

自己啓発セミナージプシー、健康オタク卒業したい方いませんか?

ココロとカラダを健康にするのには
コツがあるんです!

ココロとカラダとアタマ(思考)を
変えていく必要があります。

でも
コツを知らないと続かないし、効果も出ない

まずはカラダ そしてココロとアタマ(思考)を
変えていくには

〇自分ファーストに生きるコツ
〇カラダを大切に健康にする知識
〇情報にまどわされる自分をコントロールする
方法
〇理論を知り、具体的に行った人の成功例と失敗例から学ぶこと

難病としくじり人生を食と習慣を変えて克服した
元セミナージプシー健康オタクの管理栄養士歴29年の熱量タカコメルマガ 無料です。

こころとからだを健康にしワクワク人生を引き寄せる5ステップ
https://resast.jp/subscribe/69474/87112


自分を大切にして、
自分ファーストな生き方を実践する講座の無料メルマガ

本当にやりたいことをみつけて自分ファーストに生きるためのレッスン の購読申し込みはこちら

食と健康情報にまどわされない知識と読み解き方を身につける食と健康講座
無料メルマガはこちら

もうサプリも健康食品も要らない! 情報にふりまされない「食と健康キソ講座」の購読申し込みはこちら

仲間がいればどんどん進んでいける!
しあわせを広げるコミュニティー

「食べ旅Labo」ココロとカラダの健康知識と自分ファーストをみにつけて自分も周りもしあわせになるコミュニティーの参加申し込みはこちら





%d人のブロガーが「いいね」をつけました。