Tabi 旅

イタリアひとり旅 フィレンツェ観光 街歩きがおすすめ!

2018年
熱量タカコは
イタリアひとり旅1か月をしましたが

地図や観光ガイドで
綿密な計画を立てるのではなく

旅で出会う偶然や雰囲気を楽しんだり

その土地の人に
名物料理の食べられる
おいしい店を聞き

そしてツッコミどころを
見つけて楽しむ旅でした。

有名な観光地の
建造物の由来や
詳しい美術館情報というよりも
雰囲気などを味わっていただけたらと
思います。

今回はフィレンツェの街歩きについて
紹介していきます

↓レオナルドダヴィンチ美術館の入り口にある
モナリザ顔はめ看板に入った図

フィレンツェは市街中心が世界遺産!

フィレンツェは
市街地中心部が
「フィレンツェ歴史地区」として
世界遺産に登録されて
街全体が見どころなのです。

歴史的建造物や美術館などを
じっくりみてまわったら
3日間以上かかります。

イタリア1か月ひとり旅の中でも
行って良かった場所の1つです。

フィレンツェ 街歩きで見つけた 素敵な建物

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂

フィレンツェといえば
誰もがイメージする
ランドマーク的存在


サンタマリアノヴェッラ教会


↑窓枠が階によって違う!
建物とは関係ありませんが、ごく普通のメンズがオサレ。
奥の男性の首元のおしゃれにも注目

 


↑壁や窓の雰囲気がいいですね
何でフィレンツェでナポリピザなんだろう。。。

 


↑ヴェッキオ宮殿前のシニョリーア広場から回廊撮影

冷静に見るとヨーロッパの建物や彫刻って
かなりなお戯れ状態ですね。。。

フィレンツェでよくみるお店

フィレンツェはいろいろなお店があります。
どの店の店構えもオシャレだったり
ディスプレイにも工夫があり
とても見ごたえがあります。

肉 ハム・サラミのお店

肉、ハムなどを売っている店が多いです。
個人的な感想を書きますと

肉のお店の人は結構マッチョで
髭のおしゃれに気を遣っている人が多いです。


パンにはさむサラミやハムも豪快!

 
↑普通にぶら下がっているのがびっくりするなあ。
日本だとカビが生えてしまう

ジェラートのお店

↑おいしそうなのでつい買っちゃいました。
バニラとカシスです


↑学生さんたちのたまり場となっているお店


↑後で行こうと思って結局いけなかったお店ですが
すごくおいしそう!


↑おいしくないわけがない!

フィレンツェの お店のディスブレイ

フィレンツェのお店のディスプレイは
センスのいいもの、
凝っているもの、お笑い系
なかなか面白いです


イタリア人、アメリカにこびていいんか?


↑イタリア人、ミケランジェロ怒ってるかもしれんで。
罰あたらへんのかな


↑思わず欲しい!と思ったのに、買わなかったことを後悔。


↑頑張れ!イノシシさん!

 


↑物騒ですなあ


↑ヴァイオリンを作っている工房のようです。


↑すごいイタ車。イタリアだけに。
MILANOという文字が気になる。。。。

 


↑かわいいイノシシ発見


↑ほら、かわいいイノシシ、、、
おじさんは。。。。こわい

 


イノシシをよくみかけたのは
フィレンツェのシンボル イノシシ像にちなんでなのかな。

フィレンツェのあるトスカーナ地方はジビエ料理が名物
イノシシはジビエ料理の象徴みたいですね


↑ディスプレイや内装もオサレ。中のオサーンもマッチしてます。


スイーツ美味しそう(*´艸`)
店の奥が整理整頓されているなあ、と感心。

文房具のお店

文房具のお店はディスプレイも美しく
紙やペンなども充実してみていて飽きません。


↑紙でできた地球儀

とにかく見ていて飽きない。
美しい模様や色遣いが素敵です。

マーブル模様が美しい文房具 イルパピロの
手帳の製本工程を撮影したものを

熱量タカコの
youtube動画でアップしています

よろしければyoutubeのぞきに来てください

youtube登録してもらえるととっても喜びます!

熱量タカコYOUTUBE動画登録はこちら★

夜のフィレンツェ

イタリアは治安が悪いと聞いていたけれど
フィレンツェではまったく感じませんでした。

もちろん
気を付けなければいけないけれど、
歩きスマホの人もたくさんいたし
夜で歩いている人もたくさんいた。

もともとレストランの夕食の時間開始が
遅くて7時半や8時半から開く店も多く
皆さんゆっくり食べるので

遅い時間まで店も開いており
安心して歩けました。

イタリアの観光地にはだいたい
軍人が常駐していました。
フィレンツェでも見かけました。
治安がいいのはそのせいかな。


夜の街も素敵です。

↓2日間 夜にお世話になったカフェ。とても雰囲気がよかったです

 

↓カフェのお姉さんの雰囲気が素敵過ぎる 

フィレンツェ 街歩き まとめ

歴史的な建造物や美術館を巡るのも
楽しいですが

全部まわるのは至難の業

歴史的建造物や美術館などは
最小限にしぼって
記念撮影だけして

ぶらりと街を歩き
お店をひたすら歩くだけでも
とても楽しい街です

石畳なので
結構腰にきます。
楽な服装で歩き回ってくださいね

フィレンツェの市場やグルメの記事は
別投稿で書きますね。

英語版ですがマップはこちら
↓↓↓
フィレンツェ市街マップ

熱量タカコのyoutubeチャンネルでは
イタリアひとり旅だけでなく、モンゴルや香港の
旅動画、食の動画もアップしています。

是非チャンネル登録してください!
youtube登録者が増えると、
熱量タカコ、とっても喜びます!

熱量タカコYOUTUBEチャンネル登録はこちら

 

自己理解で やりたいことをみつけ、自分の望む人生を歩むプログラム

自己理解で やりたいことをみつけ、自分の望む人生を歩むプログラム

「好きなこと」がわからない
「好きなこと」はあるけれど何をすればいいのかわからない
「本当にやりたいことを仕事にしたい」けれどどうすればいいかわからない、という方

まずは自分のアタマの引き出しを整理して
みませんか?

お金になりそう、とか
誰かのためになりそう、と
自分以外のことを優先して考えるから
やりたいことが見つからなくなるのです

自分の好きなことや得意なことは
誰にも必ずあります

自分の好きで得意なことを活かして
やりたいことを
ワクワクしながら
よりスキルを積んで

自分の望む人生を歩んでいきませんか

ハッピーエネルギープロデューサー管理栄養士
熱量タカコです。

自分写真

過去の人生は自己啓発ヲタク。
もっと自分らしく生きたいと

引き寄せの法則
しあわせになるコトダマやメソッド、
夢をかなえる手帳や地図…etc
あらゆる本や教材を買ってみたり
セミナーにも行きました。

でも挫折したり、うまくいかないことがほとんどでした。

でも
16年前に難病になり、病気としくじり人生を
食と習慣を変えて克服し、
人生をどんどん変えていきました

2年前には会社を設立しました。

今でこそ周りには
「難病を克服して人生を変えたマインドを教えてほしい」
「人生を変えるコツを教えてほしい」
「好きなことを仕事にできてうらやましい」
と言われるようになった私ですが

告白しますが
これだけ人生を変えた私ですが
つい最近まで

「本当にやりたいことは何だろう」
とまだ迷っていたのです。

というのは
自分では好きなことを仕事にしているはずなのに

周りにも評価されているのにもかかわらず
自分の心は満たされず、
気力も体力も消耗していくことがあったのです。

もしかしたら「本当にやりたいことが別にあるのかもしれない」と
迷走していました。

ところが!!
悩みを一気に解決してくれる方法を見つけたのです!


「自己理解」メソッドです。

自己理解メソッドで自分を理解をすることで
悩みが解決してしまっただけでなく

いろいろな自己啓発セミナーにいったのに
答えが見つけられなかった理由も、

自己啓発ジプシーで失敗の連続の人生でも
会社を設立するまでに
人生を変えてこられた理由も
わかってしまったのです!!

自己理解とは?

自分が好き(情熱)ことは?
自分の得意(才能)なことは
自分のスキル(資格や技術、経験)は?
自分の大切なこと(価値観)は?
自分の思考を論理だてて「言葉」で分類して理解する方法です。

自己理解を学ぶメリット

* 自分の好きなこと、強み、価値観がわかり
今の自分の位置と進むべき方向がわかる
* 自分の好きで得意なことに自分のエネルギーを
集中することができるので、結果がでやすい
*「本当にやりたいこと」を決めることで自分の人生を進んでいくことができる

講座で行うこと

自己理解のオンライン講座月2回(1回3時間程度)

1か月目「好き」「得意」「大事なこと」をみつけるワーク
2か月目 「得意」「長所」をとがらせる 価値観ランキングをつけるワーク
3か月目 「好き」を仕事にする方法を見つけるワーク

自分で考える時間と質問の時間もとりますので積極的に参加してください

参加できない方には動画とテキストを後日送付します


瞑想ワーク
・週1回(自由参加)
今に集中して 過去の後悔や未来の不安、他人の言動に反応しない練習です
脳のおしゃべりをやめさせて思考のゴミを取り除きます。
集中力がつき、直感力がアップします。

zoomおしゃべり会
好きな飲み物持ってzoomでおしゃべり。
仲間とお互いにやりたいこと共有しましょう。
たくさんアウトプットしてくださいね。

自己理解プログラムで本当にやりたいことをみつけ、自分の望む人生を歩みませんか?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。