Tabe 食

リンツチョコレート エクセレンス 70% 85% 99%カカオ比べてみました

リンツチョコレートエクセレンスって?

リンツチョコレート、といえばスイス製の高級でおいしいチョコレート。
リンツエクセレンス といえば板チョコ(タブレットチョコ)で
パッケージの表面に カカオ含有%が書いてあるのが特徴です。
(写真はリンツwebサイトより引用)

リンツエクセレンスには

高カカオなものだけでなく、

果実やナッツの入ったものや
ハイミルクで砂糖控えめなものもあります。

ところでリンツのチョコレート

今までのチョコレートの歴史を変えた
すごいチョコレートってご存知ですか?

リンツチョコの歴史

リンツチョコは1879年創業 スイスのチョコレートブランドです。

リンツチョコの誕生の秘密をリンツ社のウェブサイトから引用しますね

1879年。ベルン(スイス)の薬剤師の息子、ロドルフ・リンツは
チョコレートを作ることを夢見ていました。
当時のチョコレートがどんな物だったかご存知でしょうか?処理・加工も非常に難しく、とても硬かったため、
何度も何度も噛まなければなりませんでした。柔らかくて、味わい深く、五感で喜びを感じられる物とは
ほど遠かったのです。

しかし、ある夜転機が訪れました。

菓子職人で美食家だったロドルフ・リンツは、
硬くない、舌が喜ぶチョコレートを作りたいと思っていました。そこで、彼は旧式な機械を備えた古い工場を購入しました。

工場を購入してから何度も試行錯誤を繰り返しましたが、
全く上手く行かず、それどころか、
チョコレートの塊の上に白い層ができてしまいました。ベルンの人々はそんな彼に冷笑を浴びせました。

そこで、父のように薬剤師として働いていた彼の兄弟、
オーギュストが白い層を分析し、
それが無害な結晶化した脂肪分だということが判明しました。

ロドルフは夜更けまで実験に勤しみました。
カカオ豆の量を増やしたり、カカオバターを温めたり、
それまで誰も試みたことのない細かい調整を行いました。

レシピを考案しては試す日々が続きましたが、
彼が求める理想のチョコレートには一歩も近づくことができませんでした。

ある金曜日の夜、裕福な家庭で育ったボンボンとして
皆に軽視されていたロドルフ・リンツは、その日の仕事を投げ出し、
あろうことか機械の電源を入れたまま帰宅してしまいました。

週明けの月曜日、ロドルフ・リンツは
工場で目にした光景にショックを受けました。

かくはん槽の中には丸焦げになったチョコレートではなく、
輝きを放つ、美味しそうな匂いの、
なめらかなチョコレートがありました。

彼はそのチョコレートを口に入れてみましたが、
その時初めて口の中でとろけるチョコレートを味わったのです。まさに至福の瞬間でした。

https://www.lindt.jp/c/collection/tablet/excellenceより引用

おおっ!!当たり前のようにおいしく食べているチョコレート!!

ロドルフ・リンツさんのおかげでなめらかな
チョコレートが食べられるようになったのですね!

ボンボン扱いされてちょっとかわいそうだけれど(;’∀’)

ではそのボンボンリンツさんの画期的な発見を
試してみましょう。。。
つまり試食ですね(;^_^A

リンツエクセレンス 70%85%99%を比較してみました

リンツエクセレンス 高カカオの3種類を比較してみました!

70%はintense dark
85%はrich dark
99%はdark noir

intenseは強い、濃いという意味
richは豊かなという意味
dark noirは 暗い黒。ん?どうしてこれだけ英語+フランス語?

3枚とも同じ値段ではなく
カカオ含有量によって微妙に違うのです。

今回なぜこの3種類かというと。。。。

ジャーン!!☆♡
(昭和な表現すみません(;’‘)

リンツチョコレート
ルクア大阪地下に
リンツショコラカフェという
リンツ商品を扱った店があるのですが

リンツチョコ3枚プラス
リンドールのミルクチョコバーがついて

なんと!!

1000円!

リンツのエクセレンスは1枚500円位で
カカオ含有量によって若干値段が変わります

3枚1000円って!しかもミルクチョコつき!

これは。。。。
ルクア大阪地下からロドルフからの


お告げと受け止めて、即買いさせていただきました。

リンツ エクセレンス70%

リンツエクセレンスの中で一番スーパーでもお見かけするのがコレ!
近くのスーパーでは480円位だったと思うのですが、
550円位で売っているところもあります。

チャートだけみるとパッとしませんが、
前に「スーパーで買えるチョコレート おススメはどれ?」
あの国産チョコレートよりもおいしいと評価したチョコです(*´艸`)

あ、ネタばれ?

気になる人はチョコレート食べ比べ
いろいろ実験やってますので見てね☆

リンツ エクセレンス 85%

チャートでは70%よりカカオ感が強くなった感じですね
そのほかも少しずつ高カカオの特徴がでています

リンツエクセレンス 99%

99%。
チョコレートとしてはかなりカカオの塊で
味のバランスとしては。。。
ぬらりひょんのようなチャートをみれば
味は。偏ってそうな想像できます。

食品表示にも

慣れてから食べることを推奨してます(;’∀’)

99%であとの1%は砂糖。

この砂糖、意味あるのかな。
ぜんざいの塩みたいに引き立てるのかな
と思ったのは私だけでしょうか

リンツエクセレンス 70% 85% 99% 色と重量は?

いよいよリンツエクセレンス 比べてみることに。まずは色と重量をみてみましょう
色がすでに違いますね(;^_^A
70%がずいぶん明るい色に見えます。
もちろん普通の板チョコに比べると断然暗い色ですが。。。

70%と85%はタブレットの大きさは同じなのですが
99%は小さいですね。

関係ないですが、チョコに入っているストライプの
デザインが美しいですね💛

さて重量は?
試しに計ってみます。

70%と85%は10g。同じ大きさです

ところが99%はタブレット3枚でも5g
計りがキタナイごめん🙇💦

リンツエクセレンス 70% 85% 99% 食品表示




70%  カカオマス 砂糖 ココアバター 香料
85%  カカオマス ココアパウダー ココアバター 砂糖 香料
99%  カカオマス ココアパウダー ココアバター 砂糖 香料

乳化剤入ってないのですね。。。

日本のチョコにはほとんど入っているのですが。
乳化剤とは油と砂糖が安定して混じりやすくするために
入れる添加物です。大豆由来のレシチンなどが多いです。

乳化剤をなぜ使うか
カカオマス カカオパウダーなど
チョコレートの材料についてはショコラナビさんがくわしいです
ショコラナビさんのリンク

リンツ70% 85% 99% 栄養比較

100gあたりの栄養価はこちら。

熱量 たんぱく質 脂質 炭水化物 食塩相当量
70% 592kcal 9.5g 41g 46.2g 0.1g
85% 617kcal 12.5g 46g 38.2g 0.03g
99% 631kcal 15g 51g 28g 0.05g

70%と85%は板チョコ(タブレット)1枚 100gですが
99%は50gなので 1枚だとこの数値の半分になります。

それにしてもチョコレート、しかも高カカオ
脂質が高い!
そして、やっぱり炭水化物も結構入ってるじゃん。。。

リンツエクセレンス 70% 85% 99% 食べた感想


70%だけを食べると高カカオなのに
なめらかでおいしい。

85%を食べてから70%を食べると
酸味(フルーティー)に感じるので

チョコの苦さが好きな人は85%がいいのでは
ないでしょうか。

ただし70%とはいえ高カカオ
ミルクチョコや普通のビターチョコに比べると
かなり苦くカカオがしっかり感じるかもしれません

でも他メーカーの70%位のものと比べると
酸味も控えめです。

99%は。。。

ちょっと。。。苦い!

ただし国産某メーカーのものに比べたら
酸味がきつくないので食べやすいです。

某メーカーのは
食べられなくてカレーに入れました(;’∀’)

これは食べられる。。。
進んで食べるかといえば。。。

オット曰く
「チョコではなくこういう食べ物だと思えば
おいしい」
とのこと。

 


この、慣れてから、の意味がよくわかります。
そして70%と85%のタブレット1かけらが10gなのに
なぜ99%が3枚で5gなのかわかるような気がします。

それでもリンツのチョコはどれもおいしいことが判明!
好みでいえば。。。85%。。70%かなあ。。。
悩むなあ。(99%は選択肢にありません)

おいしゅうございました

動画にものせましたが、エクセレンスはカットしにくいのが難点。
なのではじめから個包装されているもの↓
エクセレンスのいろんな味が楽しめます。

99%なんて中途半端!
というチャレンジャーにはこちら

送料無料 リンツ Lindt エクセレンス 100% カカオ 50g チョコ チョコレート

楽天で購入

 

リンツチョコレートその他

リンツのチョコレートは他にも
リンドールというボンボンも有名です。
いろんな味があって、少し甘くて
お口の中がしあわせになるんですよね。

いろいろ実験やってますので見てね☆

ここまで読んでくださってありがとうございます。

無料メルマガ書いてます。ぜひ登録してくださいね!

心と体を健康にし、ワクワク人生を引き寄せる5ステップ

もうサプリも健康食品も要らない!情報に振り回されない食と健康キソのキソ

 

2021年 オリーブジャパン金賞受賞!イタリア産オリーブオイル

南イタリアのプーリア州で20年以上オーガニック栽培で
作られている最高品質のオリーブオイル
Le Petrulle

今年もオリーブオイルコンテスト金賞受賞!

 

 

 

 

 

 

購入いただいたお客様からの声

「今まで食べたことがないおいしさ」
「すごくおいしかった!」
「またリピします」
「パスタに使っておいしかったですよ」
「相方さんによろこばれました」
「アヒージョに使いますね」
「焼き魚にかけるとおいしかったです」
「他のお高い国産のものを買ってみましたが、やっぱりこちらの方がおいしいです」

このほかにもたくさん感想をいただいてます!

特に料理が好きな方
味にこだわりのある方から
「本当においしいですね!」
の熱いメッセージが多いです!!

あなたに本当のオリーブオイルのおいしさに感動してもらいたい!
そして、本当のオリーブオイルで健康になっていただきたい!



右側がオリーブオイル生産者の友里絵さん。左が輸入者株式会社TabeTabi長谷川

ぜひ、おいしく健康によい、そして味も品質も最高の、
本物のオリーブオイルを召し上がってみてください。

500ml6000円→5500円(税込み・送料別)
250ml3800円→3300円(税込み・送料別)

たくさんの方に少しでも普段使いのお値段にしたい!
前回より値下げし、さらに今回は特別価格でのご案内です!

自分や家族の健康と笑顔のために
ぜひ本物のオーガニックオリーブオイルを食べてみてください!


お申し込みはこちら

さらに!
今だけの特典☆彡

ご購入者にはオリーブオイルを使った
「簡単!おいしいオリーブオイルレシピ」を差し上げます!

お申し込みはこちら

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。